アートイベント†pays de MIROIR

幻想的な芸術活動を展開するアーティストを募ったアート・イベント【pays de MIROIR】の制作情報をお知らせするblogです。

novembre 2015

イベント打ち合わせ、全体稽古をして参りました。
pays de MIROIR vol.2全ての出演者・スタッフと顔合わせ&演目の粗通しが出来、全貌が見えてきたところです。
前回同様、企画した側のほうが楽しみになってしまいそうな濃いイベントです。
凄いことになっています…「美の競演」と宣伝文句を打ってはいましたが、本当にその通り、演者ひとりひとりの個性とパワーを強く感じるものに仕上がってきております。
第二弾となる今回はダークな雰囲気を前面に出し…前回以上に、言ってしまえば偏った演目を敢えてセレクトしている訳ですが、こうまで突き抜けてしまうと最早爽快ですね(笑)
幻想的なもの、耽美退廃の世界観を好まれる方には今冬是非ともご予定に入れて頂きたいイベントですよ。どっぷりと美世界に浸れる濃密な時間をお約束致します。

…とはいえ、謀った訳でもないのに今回の面子もステージ上の作り込んだ印象とはなかなかにギャップのある愉快な方ばかりで、ミーティングは終始和やかで笑いの絶えない現場となっておりました。
出演者の皆様の意外な一面が垣間見られる、新鮮な集いでした。


そんなミーティングの様子…

まずはスタジオにて、髑髏海月・Aki様、Rinnri.・Re;kai様、朝霞さん。
image

稽古場にて、チーム「櫟の館」と、チーム「trill -トリル-」の面々。
image

ね、愉快でしょう?(笑)

今回も素敵な仲間達を募ってイベントを開催出来ること、心から嬉しく楽しみにしております。
来月5日・6日は、阿佐ヶ谷Theater SHINEへどうぞお運び下さいませ。
出演者スタッフ一同、お待ちしております。


イベント主催LesMiroirs代表・a-m.Lully


◆◆◆

pays de MIROIR vol.2
2015/12/05-06 @Theater SHINE
前売り券のご予約は【チケットフォーム】よりどうぞ。

pays de MIROIR vol.2ご出演頂きます、Rinnri.・Re;kai(リカイ)様よりご挨拶&メッセージです。

◆◆◆


ハジメマシテ。

この度出演させていただきます、
Rinnri.のRe;kaiと申します。

歌います。


初めてのpays de MIROIR、
当日までなんともう1ヶ月を切りました。

今からとても、
とてもとても、

楽しみで、によによしています。


当日、良き出会いが沢山、ありますように。

既に出会っている方とは、
これまでよりもっと深く、
同じ世界を共有できますように。

Rinnri.は普段、
リンリ.と、カタカナ表記のふたり組なのですが、

今回はRe;kaiひとりでの出演、ひとりんりです。

気分ははじめてのおつかい…。

そしてはじめてのtheater Shine。

何もかもはじめてだらけでどきどきしますが、

皆様と楽しんでひとつの空間を創れたら、と思っております。

どうぞ宜しく、お願い致します。


50


◆◆◆

pays de MIROIR vol.2
2015/12/05-06 @Theater SHINE
前売り券のご予約は【チケットフォーム】よりどうぞ。

pays de MIROIR vol.2ご出演頂きます、髑髏海月・Aki様よりご挨拶&メッセージです。

◆◆◆


「無題、しかしある邂逅、ある花の呪いについての
cahier」


雨上がりの梢に光る


澄む一滴、月光石(Moon stone)。

唯、それを鍵にして

朝靄に押し黙る恋。


わたしはみずからの姿を見ることかなわない。

伸ばした手に宿る雨のしずくを

限りなく稀有な・しかしささやかな慰めに

ひとり、歌っていた。

閉ざされた公園。


しかしその人はわたしを見つけたのだ。

よくもこの暗がりで。

そしてその人はこう言った、


「これは、なんと『めずらしい』花だろう!」



美しい人だった。



その人は何度もわたしを見にやって来た。


その人はわたしを手折らなかった。


それどころかちょっと、触れてきさえもしなかった。




この人は


花を、手折らない人なのだ。


そしてきっとどんな他者をも手折らない人。


自分の花を育てる時には

造園に熟練した老人のように

土にまみれて汗を流すのだけれど、

人の花園を見る時には

最もやさしい時期の少年のように

花のなりゆきなりたちを




・・・そうわたしが咲いている時

その人は

野に置きいつもわたしを見たのだ。

そしてその人はかならず言った、


「じつに、『めずらしい』!」



『めずらしい』

というのが

その人の使う

ある賛辞の言葉であると気がついた時

わたしはその人の目の中に

映るわたしの姿を見た。

『めずらしい』、

わたしを。

そしてわたしは新しく知ったのだった、

わたしとは、こんなふうに

『めずらしい』

者であったのか と。

ああ、

人の目に映る自分を見るということの、

なんという、

人の喜びよ。

かくして花なる花の呪いは解け、

わたしは人の世の『鏡』の前に立つーーーーーー





今回

お声掛けいただいて、

初めてご一緒させていただく

朝霞ルイさんとの出会いはこんなふうでした


さて、わたしはライヴハウスではなく、劇場で歌うのは

はじめ てです。

ですのでいろいろな意味で・はじめての皆さまとお会いできますのを

今、ほんとうに楽しみにさせていただいています。

はじめての自分にも会えるかも・・・と思っています。

ご縁に感謝します

これから出会う皆さまとの。

皆さまの目にわたしはどんなふうに映るのでしょう、

それを、ちょっと覗いてみたい。


おや・・・あまりお喋りすると逃げてしまうものがありますね、

もったいない!

ですので・・・

では・・・12月5,6日

阿佐ヶ谷シアターシャインにて

お会いしましょう


たぶん、

『めずらしい』

姿で

皆さまのお越しをお待ちしております。



新しくいただ く朝のような舞台で!



髑髏海月

海くらげ

◆◆◆

pays de MIROIR vol.2
2015/12/05-06 @Theater SHINE
前売り券のご予約は【チケットフォーム】よりどうぞ。

イベント開催までひと月を切り、着々と準備が進んで居ります。
来週には全体稽古・ミーティングが予定されており、今回の出演者・スタッフの顔合わせの機会となっています。
選りすぐりのアーティスト達を募っての二度目のイベント、今回はどんな化学反応が起こるやら楽しみです。
皆様にも是非、お楽しみ頂ければと思って居ります。

先月より、前売りチケットの予約が開始しています。
どうぞお誘い合わせのうえ、ご来場お待ちして居ります!
【チケットフォーム】

ミーティングの様子、出演者からのメッセージは此方のblogで随時更新して参ります。
お見逃しなく!

◇イベント制作部◇

*イベントプログラム・出演順は現在調整中です*
発表まで今しばらくお待ち下さいませ。

演目詳細・アーティストのプロフィールは【此方の記事】をご参照下さい。

omote-web ura-web

このページのトップヘ